子ども英語教材選びは相性とコスパが重要

MENU

子ども英語教材選びは相性とコスパが重要

英語教材を選ぶ際にまず大切なことは

  • ・英語を学ぶ目的
  • ・子どもの英語レベル

この2点を確認することです。それが確認できたら次は自宅用の教材選びに進みます。

 

ここで重要なのが

 

  • 教材の“理論”“方針”に納得できるか
  • 我が子が継続できる仕組みがあるか

という2点です。

 

どの教材を選んだら良いか迷った時には、教材の評判や口コミ、HPの情報を確認するとよいでしょう。最近ではネットでたくさんの経験者の口コミが見られます。

 

しかし実際のところそれだけでは教材の内容までは把握できません。そこで教材の中身をよく読む必要があります。研究してきたことや学習の実践方法など、その教材を作った会社の方針を把握し納得できないと、子どもさんがいざ使う際にサポートできないということになります。そうなると、継続自体が難しくなります。

 

また、どんなに優れた教材でも、子どもに合わないこともあります。実践の仕方が難しかったり、レベルが合わないと面倒になったり退屈したりして嫌になってしまうでしょう。小学生の子どもさんは遊びも大切な時間です。そのため、英語の自宅学習は隙間時間にできるものがベターです。結果的に継続にもつながります。子どもにとってストレスになってしまうと本末転倒。簡単に楽しく取り組める教材を選びたいものです。

 

以上の条件を踏まえて、お子さんに合った教材を絞り込めたら、最後に検討するのは教材の“費用”です。安くても優れた教材はあります。それはつまるところ、それぞれの子供との相性によるとことが大きいでしょう。高ければよいというものでもなく、子どもに合った教材の内容・質と価格のコストパフォーマンスに納得できるかということが重要になってきます。教材の中身と教材費をよく検討して、子どもさんが自宅で十分使いこなせるものを選んであげてください。