英語自宅学習の可能性

MENU

英語自宅学習の可能性

最近では自宅でできる英語教材の種類もかなり増え、自宅で手軽に学習できるようになりました。ただし、先生がない家庭ではお父さんやお母さんにサポートしてもらう必要が出てきます。そのため、親御さんが積極的に指導したり時間を決めたりしてお子さんの英語学習の習慣化をサポートしなければ継続は難しいです。特に遊び盛りの小学生の子どもさんでは、お友達との外出も多くなるのでしっかりした導きが必要です

 

どんなに優秀な良い先生が教えてくれたとしても、英語を身につけるにはやはり継続が必要です。子どもが毎日英語に触れて、大量の英語の単語や音、リズムを脳の中にインプットさせてはじめて、基礎が身についていきます。

 

英会話教室のメリットは何と言ってもネイティブの先生と英語で話すことができるという事でしょう。外国人の先生と会話する機会が持てればそれだけで自信が付くでしょう。ただ教室の場合、週1回1時間だけのレッスンでは結局身に着けることは難しいです。英語が自然と出るくらい話せるようになるにはどちらにしても相当な時間が必要です。レッスン時間を増やせばよいのですが、それだけの費用を賄えるかが問題となります。

 

教材を使った自宅学習の場合、ネイティブの先生はいません。代わりにCDやDVDなどでネイティブの英語を何度も聞くということになります。
時間は無制限。いつものリラックスした環境で好きな時間に英語に長時間触れることができるので、小学生の子どもさんにとっても親御さんにとっても安心でしょう。そのため、英語の自宅学習は使い方によっては教室での限られたレッスンよりも、英語が身につく可能性があるのです。