漫画で学べる英語学習

MENU

漫画で学べる英語学習

以前、洋書と言えば国内では高く販売されていませいた。ところが最近では、小学校で英語の授業が始まったということもあり、書店や図書館などで小学生向けの英語教材や洋書ががたくさん見られるようになりました。それでは具体的に、小学生の子どもさんにオススメの英語教材・洋書をご紹介します。

 

子供にとって偉人の伝記は少し難しくても、それが漫画で描かれたものとなればとても興味をもって読みやすくなります。内容は難しいものでも、“漫画”という形になることで本の世界に入り込見やすくなるのでしょう。イラストも理解を助け、記憶に残ります。私たち大人も、受験期に必死に覚えた数学の公式や歴史の年号は、大人になってからはすっかり忘れていることが多いですが、映像で見たものや印象に深く残った結果記憶したことはなかなか忘れないものです。同じことですね。

 

このように、テストや受験のために詰め込んで覚えた知識は一夜漬けとともにその場で忘れ去ってしまうことが多いですが、子どもの頃に興味を持ったり自らハマったことによって記憶したことは長く大人になっても覚えているものです。英語の学習も“勉強”という意識を捨てることが一番の学習記憶法です。楽しいという感覚をもっていかに学習できるかを考え、子どもの頭に自然とインプットさせてあげたいものです。

 

「ドラえもんの英語おもしろ攻略 ゼロから始める英語」

これは、日本人なら誰でも知っているであろう“ドラえもん”の英語学習漫画です。ドラえもんとのび太が、“ひみつ道具”に頼らずにアメリカを放浪するという内容で、英語ができない2人はアメリカで悪戦苦闘しながら、大切な人と次々と出会って必死に英語で会話し用とします。街中でも色々な気づきがありどんどん英語を学んでいくのです。また、各章ごとに学習のまとめがあり、巻末には単語集や会話集があるのも魅力です。漫画を読んでしまっても、漫画の内容を思い出しながら楽しくストーリーと共に英語の復習をすることができる優れた教材でもあります。