子どもの性格別おすすめ勉強法(1)

MENU

子どもの性格別おすすめ勉強法(社交的?人見知り?)

大人と同じで小学生の子どもにも色々な性格の子がいます。そのため、習い事を決めるにもグループが良いのか、個人が良いのか、雰囲気選びは重要ですよね。余計なストレスなく習い事を進めるためにも、その子の性格に合った勉強法や教材を選ぶことが大事です。そうでなければ行くのが嫌になって継続が難しくなったり、お稽古自体が嫌いになってしまうこともあります。

 

では具体的に、お子さんの性格に合わせた小学生英語の勉強法を紹介します。

 

<社交的なお子さんのケース>

場所が変わっても初対面の人とでも、いつも通り過ごすことができる子どもさんについてです。
日本人が英語を学ぶ際に障害となるのが「度胸」です。
まずは度胸を据えて間違いを気にしないで楽しく話せることが大きな武器になります。
そのような社交的なタイプの子は、ネイティブの先生が教えてくれる英語スクールがおすすめです。
度胸も才能の1つです。そんな性格を活かして積極的に外国人の先生とレッスンを続けられればどんどん英語を吸収していくことができるでしょう。

 

<人見知りなお子さんのケース>

逆に、場所見知り・人見知りの性格の場合は、まずゆっくり環境に慣らしてあげることが大切です。
そのような子は、まずは、自宅でできる英語教材を使うのがおススメです。
そもそも日本人と話すのも苦手なお子さんですから、見慣れない外国人の先生と対面すると委縮してしまうでしょう。
日本人のバイリンガル講師がいるほうがスムーズに英語を受け入れやすいでしょう。
環境が下人で英語が嫌いになってしまっては本末転倒。
その意味でも安心できる家族のいる自宅で好きな教材やバイリンガルの講師と英語を始められればリラックスして集中して取り組めるでしょう。