小学生が自宅で学べる英語教材

MENU

小学生が自宅で学べる英語教材

小学生から英語教育の早期化

まだ日本語も完ぺきではない小学生の子どもに、英語の学習が必要なのか?と思う方も多くいらっしゃるでしょう。しかしグローバル化が進む現代社会では、今後ますます英語を使う機会が多くなっていく傾向にあります。また実際に、小学校でも5、6年生では英語が必修化しています。さらには文部科学省では、英語教育を小学3年生から始めるという方針も固まっていて、その傾向はますます若年化するとみられています。

 

日本語についてみてみると、世界で日本語を話しているのは1億3000万人。日本人だけということです。ところが、英語についてみてみると、世界で英語を話している人たちは54か国21億人。つまり、英語を話すことができるようになれば世界の21億人の人たちとコミュニケーションをとることができるということです。英語を話すということはその国の生活や文化をも知るということになり、視野も世界も広がるでしょう。もちろんチャンスもそれだけ広がるということになります。

 

小学生の子どもに英語を学ばせたい場合、英会話教室などに通わせることが一番に思いつくでしょう。しかし最近では、自宅にいながら好きな時間に子どもに英語を学習させることができる優れた教材も増えています。自宅で勉強できるメリットは、教室へ通わせる移動時間や交通安全上の不安も解消されます。また英会話教室に比べてレッスン費用が安く済むことがほとんどです。

 

自宅でできる英語教材と一言にいっても実にさまざまな種類のものがあります。その数も大変多いので選ぶのも大変ですが、子どもさんが興味をもって続けられるものを選ぶのが大前提です。我が子に合った学習法・英語教材を選びたいものです。

 

 

自宅で英語学習するメリット

小学生の子どもに英語を習わせたくても近所に気にいった教室がない場合や、送り迎えに親が付き添えない場合などもあるでしょう。教室へ通わせるのはちょっと無理だと感じたり、近くに英語教室があってもそこの先生が良い先生なのかわからないなど悩みを抱えている親御さんは多いでしょう。そんな場合は、思い切って自宅で英語教材を使って学ばせるのが良いでしょう。それでは、自宅での英語学習のメリットを紹介します。

 

自宅で英語学習をするメリット

  • 英語教室・英会話教室で先生の方針に縛られなくてよい
  • 先生が我が子に合うか考えなくてもより
  • 先生の経歴を気にする必要もない

 

自宅で我が子に合った優れた英語教材を見つけることができたらそのような心配はいりません。小学生用の英語教材なら、ご自宅で先生が居なくてもしっかり学習できるプログラムが沢山あります。英語が苦手な親御さんでも自宅でお母さんと一緒に進められるので安心です。また、自宅なのでリラックスして勉強できますし、CDのかけ流しなどもできます。

 

費用も通学型に比べるとかなり安く済みます。教室の月謝の場合、平均5千円前後。1年で6万円前後の計算になります。教室用のテキストだけでなく自宅で勉強するための指定教材が必要になったり、設備費などがかかったりもします。その点、自宅用の教材なら教材さえがあれば良く、交通費などもひつようありません。

 

 

英語を学ぶ目的と現状レベル

小学生の子どもさんに自宅用の英語教材を選ぶとき、一番重要なのは何でしょうか?それは「なんのために英語を身につかせたいか」という目標や目的です。

 

  • 小学生のうちから英語に触れてほしい
  • 将来仕事などで英語を使えるようになってほしい
  • お父さんが英語圏へ転勤になったから英語が必要になった
  • 中学校で困らないスキルを身につけさせてあげたい

 

など理由は様々でしょう。中には家庭の事情で英語を学ばせたいと思っている親御さんもいるでしょう。このように、英語教育に関しては家庭によって考え方が大きく異なります。それによって英語学習の進め方も異なり、それぞれも目的に合った教材の選び方も変わってきます。

 

子供にただ単に英語に触れてほしい、という考えの親御さんなら、自宅でも楽しめる歌や日常会話が収録されたCDなどの教材が最適でしょう。楽しみながら効率よく英語を耳に慣らすことができます。普段の生活の中で、英語が自然に聞こえる環境があれば自然とリスニング力が上がり、英語に対する苦手意識も小さいころから持たなくてすむはずです。

 

ネイティブ並みに本格的に英語を話せるようにさせたいという家庭は、まず、我が子の英語のレベルを把握することが必要です。言語は、年齢や子どもの成長に合わせた段階を踏んでいかなけらば挫折しやすいです。そのため、英語を聞いたことがない子共にいきなり文法の勉強をさせるのは適切ではありません。

 

このように、自宅用英語教材を選ぶ際は、まずは目的・目標を明確にし、現在のレベルを把握し、それらに合致した教材を選ぶことが大切です。

 

参考サイト:辛口英会話講師が選んだ!!オンライン英会話おすすめ比較ランキング

更新履歴